« 3/20-4/3:(242)3月~4月のヨット日記 | トップページ | 5/15-6/5:(244)5/15-6/5のヨット日記 »

2011年5月 8日 (日)

4/10-5/7:(243)4月のヨット日記

またまた、長いご無沙汰でした。

4/10には国体予選(http://www.cityfujisawa.ne.jp/~ykos/kenren.htm)が予定通り実施されました。
帆走指示書には津波規定が追加され、考えられる安全対策を施した上での開催でしたが、無事実施できました。

4/16のトレーニングレースは荒天で中止でしたが、4/24には6m/s前後の南風の中20艇以上の参加艇で、少し多めの6レース実施されました。5/7もトレーニングレースでしたが、朝から雨でしたので私は日寄って、サボってしまいました。小雨の降るなか、5レース実施されたそうです。

この1ヶ月、私は国際VHF無線局の開局申請の準備を行ってきました。
ヨット等の小型船舶でも容易に廉価な国際VHFを設置することが可能になり、神奈川県セーリング連盟等でも、海上特殊無線技士の資格の取得のための講習会を実施して、導入の準備を進めてきました。この度、関連団体を含めて5台の無線機を購入し、無線局の免許申請を行うことになり、費用が安くて済む電子申請(http://www.denpa.soumu.go.jp/public/index.html)で行うことにしました。
電子申請は下記のような手順で行い、いつでも自宅から申請が出来、進捗もネットでわかり便利なのですが、申請書の作成はシステムが使いにくくかなりてこずりましたが、総合通信局に相談したりしながらやっと申請が完了しました。

1.電子証明書(公的個人認証サービス)の取得
2.ICカードリーダライタの用意と公的個人認証サービス利用者クライアントソフトのインストール
3.証明書ファイルの出力と環境設定
4.無線局インターネット申請ソフトダウンロードインストール
5.申請書の作成と申請

補正の連絡等が無ければ近いうちに免許が交付され、海上運営で使用できるようになります。
ただ、ヨットレースの運営で使用するには、運営艇に設置された無線局で航海中しか使用できない点や、所定の無線従事者免許を持ち無線局に登録されたメンバー以外は使用できない点や、陸上では使用できないため陸上本部との通信には使えない点など、不便な点が多く、全面的にこのシステムに移行出来るものではありません。他のシステムと併用して運営することになるものと思われます。

|

« 3/20-4/3:(242)3月~4月のヨット日記 | トップページ | 5/15-6/5:(244)5/15-6/5のヨット日記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126791/51616691

この記事へのトラックバック一覧です: 4/10-5/7:(243)4月のヨット日記:

« 3/20-4/3:(242)3月~4月のヨット日記 | トップページ | 5/15-6/5:(244)5/15-6/5のヨット日記 »