« 2010年9月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年10月30日 (土)

10/2-17:(240)10月のヨット日記

10/2はトレーニングレースで、Fire Ballとテーザーのレガッタも兼ねて、実施されました。
北東の振れる風の中、4レースが行われました。沈艇も出る、やや強めの風で良いレースが出来ました。
ラダートラブルでレスキューした艇が後でマイミクさんの艇だったと判ったり、先日の国体でご一緒した方が、ご夫婦で参加されたりと思わぬ出会いのあったレースでした。
BULKHEAD magazineテーザーオータムレガッタ(http://bulkhead.sblo.jp/article/41150612.html)

10/15から10/17にかけては、江ノ島オリンピックウィーク(http://www.f-ssc.com/EOW2010.htm)のお手伝いでした。当初は、審判として土日だけのお手伝いのつもりでしたが、金曜日もマークボートとしてお手伝いすることになりました。
レースの結果等については、BULKHEAD magazine(http://bulkhead.sblo.jp/article/41317286.html、http://bulkhead.sblo.jp/article/41343742.html、http://bulkhead.sblo.jp/article/41366994.html)に譲ります。金曜日のマークボートは、2、3マーク担当でしたが、流れたマークを拾いにいったり、コース短縮のためにフィニッシュ要員を搬送したりと、我ながら良く働きました。
土日の審判は、国際レースのためにIJ(国際審判団)が結成されていて、レース終了後の審問等は、IJが処理したので、我々NJ(国内審判団)はラクチンでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 3日 (日)

9/5-29:(239)9月のヨット日記

9月のヨット活動は、9/5のトレーニングレースと9/25-29の千葉国体プロテストでした。

9/5のトレーニングレースは南寄りの3~4m/sの風の中、4レース実施しました。今回は、FireBallのレガッタを兼ねて行い、やや長めのコースで行いました。トレーニングレースが江ノ島セーラーの間に定着して、また今回のように、中小規模のレガッタを併催する機会が増えて、年間5回程度行われるようになってきました。

9/25-29の千葉国体は千葉市の稲毛のハーバーで街中での開催ということで、いつもの国体とは少し違った経験でした。
地方のお土産販売も今回は無く、ローカル色のない国体でした。
宿はリゾートホテルということで、設備の整ったホテルでした。聞くところによると、日本で一番高いホテルとのこと、私も37階で長めの良い部屋でしたが、ロビーまで5分もかかりました。
会場までの移動は車で15分で便利でした。

レースのほうは、天候があまり良くなく、2日間は冷たい雨が降って、海上に出た選手も我々役員もずぶぬれでとても寒い思いをしましたが、期間を通じた風は、微風から強風までバラエティに富んだ風で、予定のレースを消化できる風が吹きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年12月 »