« 9/7:(200)トレーニングレース | トップページ | 9/23:(202)トレーニングレース »

2008年9月17日 (水)

9/12-15:(201)新潟プレ国体

9/12から9/15まで、新潟県聖籠町(http://www.town.seiro.niigata.jp/)へ行ってきました。

今回のレースは、プレ国体(http://www.town.seiro.niigata.jp/kokutai/rehearsal/index.html)レースで、来年行われる国体の予行演習でした。

私は2海面あるうちのひとつの海面のフィニッシュ記録をとることが第一の仕事の、副本部船の運営役員でした。

漁船を使って、漁師さんに指示をして、船の位置を決め無ければならず、いつものように自分で操縦するのとは違う難しさが想像されましたが、他の船の役員と話をしても、皆さんとても良い方たちで、最後頃には事前に意図する位置まで船を動かせるようになっていました。

1 スナイプ  2 船長 3 我々の船

レースのほうは、実業団の470とスナイプ、セーリングスピリッツ、シーホッパーSR、国体シングルハンダー、国体ウィンドサーフィンの6種類の艇を、A、B、2海面で3種類づつ、一日4レースの予定で行われました。

新潟県連のメンバーもこの海域での経験は無く、朝の南風から天気が良くなると北風に変わると言う、不安定な風向に悩まされたレースでした。われわれの感覚も、現地は東南側に陸地があるために、江ノ島とは反対の風の感覚で戸惑うことも多かったですが、次第に慣れてきました。

国体の練習と言う事で、いつものレースとは異なり、時間厳守、レース数厳守のレース運営のために、コース短縮が多く、副本部船でフィニッシュ記録をとることが少なく、私の船にとっては楽な運営でした。

本番では、40艇以上のフィニッシュを正確に記録せねばならず、あまりその練習にならなかった事がちょっと心配ですが、われわれの船には実力のあるメンバーがたくさん乗っていましたので、私はほとんどサポート程度で楽チンでした。

今回の運営では、いまさらながら、米どころ新潟の食を堪能してきました。宿の食事はもとより、運営の弁当までおいしいことには、びっくりしましたが、ダイエットの観点からは要注意でした。

宿はハーバーからは若干離れていますが、地元では一番の宿と評判の月岡温泉(http://www.tsukiokaonsen.gr.jp/)の泉慶(http://www.senkei.com/)と言う旅館で、夕食のおいしさはもとより、朝食バイキングのメニューがあれほど多いのは見たことがありませんでした。

この4日間は、朝6時前に起き、温泉に入り、6時半からの朝食、7時過ぎのバスで会場へ、夕方レースが終わると宿に帰り、再びゆっくりと温泉に浸かり、7時からの夕食後、部屋に帰ると、10時頃には就寝という、超健康的な生活でした。

帰ってから、普段の生活に戻っても、就寝、起床の時間が元に戻りません。

レース海面

http://maps.google.co.jp/maps?f=q&hl=ja&geocode=&q=%E8%81%96%E7%B1%A0%E7%94%BA&ie=UTF8&ll=38.02754,139.247589&spn=0.063283,0.134926&t=h&z=13

|

« 9/7:(200)トレーニングレース | トップページ | 9/23:(202)トレーニングレース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126791/42508190

この記事へのトラックバック一覧です: 9/12-15:(201)新潟プレ国体:

« 9/7:(200)トレーニングレース | トップページ | 9/23:(202)トレーニングレース »