« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月28日 (日)

1/28:(100)クルージングと新年会

記念すべきヨット日記100回目です。

といっても内容は余り記念すべき内容ではありません。

今日はクラブのクルージング(http://fyahp.kt.fc2.com/wintercruse.htm)本来、冬季クルーザー体験として、一般の方も募集しているのですが、今回は一般からの参加者が無く、クラブメンバーのみのクルージングになりました。

天気は曇り時々晴れ、北~北東の風、6~7m/sと絶好のクルージング日和でした。江ノ島から、スピンを上げてアビームで帆走し、帰りは東に振れた風でまたアビームで楽をして帰ってこようと目論んだのですが、そううまくはいきませんでした。しかし、スピンランで、ほぼ南へ2時間帆走して佐島沖まで、いつものクルージングに比べてかなり沖まで出ました。昼頃に反転して、スピンランで戻ろうとしましたが、上りきれず、スピンダウン、しかしクロースリーチ一発で江ノ島まで、それほど時間がかからずに戻れました。

ハーバーに戻ってから、遅めの昼食。冬の寒い時期はカップめんやカップスープが体も温まりとてもおいしいです。私は、中華風春雨スープやイタリア風マカロニスープなどがお気に入りです。

今日はこの後夕方から、E氏の県スポーツ功労賞受賞記念と関係者の新年会を兼ねた会があったので、そのまま少しハーバーで時間をつぶし、会場に向かいました。E氏は同じ福岡の大学出身ということもあり、私も親しくしていただきましたが、東京オリンピック前から江ノ島でヨットをやっていて、昔の話をしだすと止まらないほど、色々な経験をされています。私は、学生時代は博多湾、実業団では西ノ宮、また結婚後実業団を引退して、数十年のブランクの後、この9年ほど江ノ島で再びヨットにかかわり始めましたので、昔のそれも関東の様子はほとんど知りませんので、興味深く拝聴しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 7日 (日)

1/7:(99)初乗り

今日は湘南セーリングクラブ(http://hp.vector.co.jp/authors/VA002244/ssc/)の初乗りです。いつもであれば、クルーザ「かわせみ」(http://hp.vector.co.jp/authors/VA002244/ssc/boat.html)で岩屋沖から参拝するのですが、今日は台風並みに発達した低気圧のせいで、20m/sの強風。駅に行くと東海道線は強風のため不通、ようやく動き出しても、なかなか電車が来ません。予定より1時間近く遅れてハーバーに着くと、クラブの各艇にお神酒をかけて、安全祈願をして、これからクルーザの中でみんなで新年会を始めようかという時でした。

ハーバーはあちこちで新年会や初乗りに集まって、にぎやかでした。私もクラブの新年会に参加したり、知り合いに挨拶しながら他の艇に顔を出したり、海には出られませんでしたが、今年のヨット活動の初日としては有意義な一日でした。

そんな中、OPの子供たちは、江ノ島のブランケットではありますが、強風の中で練習をしていました。どんな風の中でも乗るということは、大きな自信になります。昔は、レスキュー艇もない中で、風見と称して、強風の経験をしたものですが、最近では艇が故障したり傷んだりするので、経験出来ません。スループのジブだけで帆走する荒天帆走の練習は普通の帆走の良い訓練にもなります。

大学後輩のM君は新年早々に、艇の整備を始めていました。強風の中艇のボトムのニスをはがして、全部塗り替えるそうです。我々も冬の間に必要な艇の整備を行う予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »