« 12/25:(97)クリスマスカップ ユースチャンピオンシップ3日目 | トップページ | 1/7:(99)初乗り »

2006年12月31日 (日)

12/31:(98)セーリング角度計算尺

正月休みで7日の初乗りまで海に出ないのでヨット関連の話題を一つ。

クロースホールドの帆走の角度から、ヘッダ、リフトを簡単に見分ける事ができる、セーリング角度計算尺(http://homepage2.nifty.com/hanyuu/ssc/s_course.xls)を作りました。

ま~ちゃんの簡単ディンギーヨットレース教室(http://hp.vector.co.jp/authors/VA002244/yacht/race.htm)の5.ストラテジー(戦略)とタクティクス(戦術)の部分に追記しました。

この冬の海に出られない間に、セーリングやレースの知識を学んでおくのも良いのではないでしょうか。

Poseyのヨットレースで勝つために
http://homepage2.nifty.com/hanyuu/posey/posey_r.htm

Poseyのセーリング入門
http://homepage2.nifty.com/hanyuu/posey/posey_s.htm

5.ストラテジー(戦略)とタクティクス(戦術)の部分の抜粋
 ヨットレースのストラテジーの基本は、風のシフトの大きさ(角度の幅)、周期(時間)を読んで、それにあわせて帆走することである。風のシフトを読む(予想する)ことは難しい、しかし、スタート前になるべくコース全体を試走して、場所、時刻、風向、風速を記録することによってある程度の予想ができる。また、気圧配置等の気象に関する情報を事前に把握しておくことでもある程度の予想ができる。

試走による風のデータは、例えば、次のようにして集め利用する。艇の左右のデッキに、ガムテープ等を貼り付け、クロースホールドで帆走し、その時の上り角を油性のフエルトペン等で記録する。真の風向は両方のタックの上り角の1/2の角度である。記録された角度とレース中の上り角を比較すれば、その時がヘッダなのかリフトなのかわかる。

風が周期的にシフトする場合のクロースホールドでの風のシフトに対するストラテジーは、リフトの風を選んで走ることである。また、風が一方向にシフトする場合は、シフトする方向にいたほうが有利になるので、シフトする方向に向かう。ランニングではこれが反対になる。

 クロースホールドの帆走の角度から、ヘッダ、リフトを簡単に見分ける事ができる、セーリング角度計算尺(http://homepage2.nifty.com/hanyuu/ssc/s_course.xls)を用意した。ダウンロードしてファイルに保存し、印刷して組み立てて使う。簡単な使い方は次の通りである。

1.クロースホールドで帆走しコンパス角度を合せる。
2.タックして反対タックのクロースホールドのコンパス角度をチェックする。
3.両方の角度の1/2の角度の風軸が表示される。
4.クロースホールドの角度が変化した場合、変化の方向によってヘッダかリフトかがわかる。
5.スタートラインを流した時に、下有利、上有利がわかる。
6.内角60°のトライアングルコースの場合の1マークから2マークへのコンパス角度、2マークから3マークへのコンパス角度がわかる

それでは皆さん今年はお世話になりました。
良いお年をお迎えください。

|

« 12/25:(97)クリスマスカップ ユースチャンピオンシップ3日目 | トップページ | 1/7:(99)初乗り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126791/13274672

この記事へのトラックバック一覧です: 12/31:(98)セーリング角度計算尺:

« 12/25:(97)クリスマスカップ ユースチャンピオンシップ3日目 | トップページ | 1/7:(99)初乗り »