« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月30日 (土)

9/30:(79)全日本練習

今日は、Y15全日本へ向けての練習です。
風は南寄りの振れる風で、風速も弱く1m/sから最大でも3m/s程度でした。
普段は色々なペアで乗っているのですが、ここしばらくは、10月21日-22日に予定されている、Y15全日本に出場するペアでなおかつ出場艇で、全日本へ向けての練習をします。基本的な動作のスキッパーとクルーのコンビネーションや、レースの感覚の再確認といったところを行います。
今日は初日でも会ったので、短めのコースで、スタート練習から、マーク回航、スピンのハンドリングと言った事を中心に行いました。やや風が弱く、コース設定後風が振れることも多く、あまりよいコンディションとはいえませんでしたが、コンビネーションの確認や、スピンの手順の確認の練習にはなったでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月24日 (日)

9/24:(78)ネプチューンヨットレース

今日はネプチューンヨットレース(http://www.geocities.jp/fsscjapan/ksaf20060924.htm)です。

このレースは昨年も台風の影響で中止になりましたが、今年も、台風の影響が心配されましたが、案の定、中止になってしまいました。

朝、江ノ島に着きますと、台風の影響で、8m/s以上の北よりの風が吹いていて、ネプチューンヨットレースのような、オープンレースで技量の差が大きなヨットマンの出場するレースでは、安全の確保が難しく、残念ながら、中止にせざるを得ませんでした。

昼頃には収まると思っていた風も、昼過ぎまでは、平均8m/s超、ピークでは13m/s超とずいぶん吹いていました。普通、台風の影響は風だけではなく、うねりや波にも現れ大きなうねりの波が岸壁に打ち寄せるのですが、今回は、なぜかほとんどうねりや波がありませんでした。

レースは中止になったのですが、神奈川県セーリング連盟の運営するレースがいくつか控えているために、その打ち合わせの理事会を臨時に開催して解散しました。

帰ろうかと思っていると、友人のヨット(http://www.ensignspars.com/photoGallery/ensignclassicdiagramweb.jpg/view)が艤装していましたので、一緒に乗せてもらいました。この艇は、550kgのバラスとが付いたキールボートで、安全で安定性が高く、非常に居住性の良い艇です。今日はワンポイントリーフで出艇しましたが、ディンギーが沈をする中、スプレーもほとんど浴びず、非常に快適なセーリングを楽しみました。

Dsc00002

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月17日 (日)

9/17:(77)トレーニングレース11

S_img_2869 テーザーのスタート

今日は11回目のトレーニングレース(http://ksaf.hp.infoseek.co.jp/)ですが、普通のトレーニングレースと一緒に、テーザー(http://tasarjapan.org/)とファイヤーボール(http://www.fireball-japan.org/)のオータムレガッタも同じコースを使って実施しました。

一般のトレーニングレースから5分ずつずらして、ファイヤーボール、テーザーとスタートさせました。一般のトレーニングレースは出入り自由ですから参加艇数は増減しますが、最大20艇程度、ファイヤーボールが6艇、テーザーは26艇の参加で、4レースを実施しました。

風向は20度を中心に10度程度の振れ、風速は5m/s程度から、ブローの最大で8m/s程度までの風で、ファイヤーボールやテーザーはちょうどプレーニングをする風で、良いコンディションでレースができました。コースはやや長めの、下上850m程度のコースでしたが、オータムレガッタにはちょっと短かったかもしれません。

テーザーはセールが白いダクロンの布から透明のマイラーのフィルムに代わり、両方のセールが混在するレースになりましたが、すべてセールのためとは断言できませんが、上位をマイラーセールの艇が占めていました。セールのシェープが異なるので、当然その性能にも差があると思われますので、すぐにマイラーセールに置き換わっていくのでしょう。

また、テーザーは20艇程度の中位集団の実力が伯仲して、抜きつ抜かれつの面白いレースを展開していて、マーク回航などでは、久しぶりに見ごたえのあるレースを見せてくれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 9日 (土)

9/9:(76)練習

今日は久しぶりに、何もないただの、湘南セーリングクラブ(http://hp.vector.co.jp/authors/VA002244/ssc/)の練習でした。

本来は、練習日ではなかったのですが、メンバーを募ったら、結構集まりそうだったので、練習日に格上げしました。

海の家もなくなり、夏休みの喧騒も終わり、電車も道路も空いていて静かな江ノ島でした。

ハーバーは賑わっていました、ヨット遊びには最適の、安定した、3m/s前後の南からの軽風で、新人のクルー練習、ジブの返し方とタイミング、スピンのハンドリングの練習には最適でした。

セーリング中に、新しい定置網を稲村ヶ崎沖のB1レース海面とB2レース海面の間ので発見しました。早速データを取って、 GPSに入力したり、Google Mapを使って作った、レース海面図(http://homepage2.nifty.com/hanyuu/JS/gmap0.htm)に追加修正しました。

また、先日当選した、応募した事も忘れてしまっていました、大正製薬リポビタンアミノ「がんばれスポーツチーム応援キャンペーン」の当選賞品の、一部を担いで行き、リポビタンアミノ、スポーツタオル、をみんなに配って記念撮影しました。まだ、クーラーボックスやスポーツタオルが残っているし、リポビタンアミノはたくさんあるので、しばらくは、練習後毎回リポビタンアミノを飲む事ができます。
0909

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 3日 (日)

9/3:(75)トレーニングレース10

今日は10回目のトレーニングレース(http://ksaf.hp.infoseek.co.jp/) です。

風は、最初60度でしたが、1レース目の途中から、100度に変わり、その後は100度でした。風速は、4m/s程度から、 最後は7m/s程度になり、上天気のさわやかなレース日和の一日でした。

ところが、今日は色々なトラブルのあった1日でもありました。

まず、レスキューのキングストンの閉め忘れで、危うく、水舟になって使えなくなるところでした。やっとの思いで、 クレーン下まで持って行き、そろそろと上げて、少し水を出したところで、下ろしました。
後は、ビルジポンプで排水しようとしたのですが、そのうちビルジポンプが詰まったのか、ほとんど排水しなくなりました。仕方がないので、 昔ながらの、柄杓の淦汲みを使って排水しました。取り敢えず走れるようになったところで、レースの準備に出ましたが、 思い所為かなかなかスピードが出ません。レース中に暇を見て、汲み出し、帰る頃にはほぼ普通どおりになりました。

キングストンの閉め忘れは、2回目です。1回目の後に運転席に大きく「キングストン確認!!」のシールを貼ったのですが、 今回再発しました。これからは、ハンドルに、確認の札を取り付け、確認したらそれを外すというような工夫が必要ではないかと思いました。 また、キングストンは雨水がたまることがあるので、陸上では抜いておくのですが、後始末が終わったら、一端、締めて、 雨水の処理は出艇前に行うようにしたほうがよいのかもしれません。

また、ビルジポンプを見直し、きちんと動作するように調整するとともに、非常時に、アンカーウェル等から船底にホースを差し込み、 高速で排水できるビルジポンプを用意する必要性を感じました。

もう一つのトラブルは、クラブのY15の久しぶりの沈です。たいした風ではないので、沈起こしも簡単ではあったのですが、 最近入会のメンバーであったので、沈お越しの処理に不慣れで、Y15での実習の必要性を感じました。最近は、 簡単に起こせるシングルハンドで練習をしていたのですが、Y15はクルーと力お合せなければ起きず、 起こした後に艇に乗り込むのもかなり体力を必要としますので、普段乗っている艇での練習の必要性を感じました。

色々ありましたが、結局、4レースを行い、10回目のトレーニングレースを終了しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »