« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月27日 (日)

8/27:(74)藤沢市青少年ヨット教室

今日は、青少年ヨット教室(http://www.city.fujisawa.kanagawa.jp/khf060710/k03.html) でした。

例年は、10名前後の参加でしたが、今年は、募集枠一杯の20名の参加ということで、大盛況でした。

例年は、主に、年齢も近いユースの高校生に手伝ってもらって、シングルハンド艇のシーホッパーSRに乗ってもらうのですが、今年は、 それだけでは足りないので、SSC(http://hp.vector.co.jp/authors/VA002244/ssc/) のY15も動員して乗ってもらいました。

朝ほんの短時間、ヨットの紹介と注意をした後、午前中に1時間半、午後2時間とたっぷりとセーリングを楽しんでもらいました。

風は、3m/s前後と物足りませんでしたが、シーホッパーでは沈の体験もして、楽しんでくれたようです。

以前は、クルーザも使っていたのですが、やはり若いだけあって、スリリングなディンギーの方が人気があるようです。

手伝ってくれる高校生たちも、参加者が喜んでくれる事に満足してくれているようで、楽しんで手伝ってくれています。

また、20人のうちに何人かが、ユースに参加してくれる事を期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月20日 (日)

8/20:(73)トレーニングレース9

今日は9回目のトレーニングレース(http://ksaf.hp.infoseek.co.jp/)です。

土日の二日間続けての、トレーニングレースです。

今日も昨日と同じような天候かと思いきや、大きく触れる風と急な雨と変化の多いコンディションでした。

最初は、東南の風 4m/s 前後で、マークを設定をしましたが、100度-170度の間で振れまくり、4レースを行いましたがほとんど毎レースマークの打ち換えを行い、アンカー上げの担当は大変でした。

途中、スコールのような雨が降り出し、東の雨雲の方向から風が吹き始め、一時は 8m/s まで上がりました。雨がやむと風向が変わることが予想されましたので、その間は海上待機としました。

今日は、クラブの艇に乗って、新人の皆さんに、クルーワークのコーチをしようと思っていたのですが、風がころころ変わるので、マークボートに乗ったままになっていましたが、この、海上待機の時間を使って、クルーワークのポイントをちょっとだけ、お見せしました。

一瞬雨が降りましたが、そのせいで、気温も一息つき、さわやかな夏の一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月19日 (土)

8/19:(72)トレーニングレース8

今日は8回目のトレーニングレース(http://ksaf.hp.infoseek.co.jp/)です。

夏真っ盛りという事で、江ノ島行きの電車の中は、海遊びの人たちでいっぱいです。

今日は、20艇と若干少ない参加艇数でしたが、天気は、晴天、安定した、南の風 4m/s 前後と、1年に何度もないヨット日和でした。

良い風でしたので、下-上 800m 程度の距離を取り、いつものレースコースを設定しました。風が安定していたため、その後マークを打ち直す必要もありませんでした。

風も安定している事ですし、たまには、私も練習に参加しようと、1レースだけ、コーチとして乗りました。クロースの走らせ方、クルーワークを実践してみてもらいましたが、スピンでトラブルを起こしてしまいました。スピンダウンの時に、シートとガイを引き込んでいなかったために、シートが流れて下に入ってしまい、上げられなくなってしまいました。いつも乗っていないとこんなチョンボをしてしまいます。

結局、今日は4レースをして終わりましたが、皆さん満足していただいた事だと思います。

明日もトレーニングレースです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月13日 (日)

8/13:(71)クラブ夏祭り

今日は、湘南セーリングクラブ(http://hp.vector.co.jp/authors/VA002244/ssc/)の夏祭りです。

いつも、練習しているメンバーが、家族や友人・知人を誘って、一緒にヨットに乗ったりバーベキューを楽しんだりする、クラブのレクリエーションです。

今回は、遠くに転居して普段の練習には参加できない、懐かしいメンバーも参加しての楽しい、イベントになりました。

とはいっても、昨日と同じく大気が不安定という予報でしたので、昨日の、急な、突風、雷、雨が心配されましたので、12時過ぎに、早めに上がって、小宴となりました。

クルーザーとディンギー4杯での、2時間ほどのセーリングでしたが、クルージングにはちょうど良い風で、皆さん楽しんでもらえた事と思います。

天気の方は、昨日のような雨もなく、夕方まで、楽しんで解散しました。

以前は練習後に、クルーザーに集まって、飲んでいたのですが、最近は、練習後即解散の事が多く、インフォーマルなコミュニケーションが不足しているのかもしれません。なかなか、時間が取れないのですが、普通の練習ではない、このような、レクリエーションや飲み会の回数を増やす必要があるのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月12日 (土)

8/12:(70)ヨットゲーム日本語化

今日は、体調不良のため、クラブの練習もパスして、家でゆっくりしています。

その時間を使って、先日から行っていたヨットゲームの日本語化を行い、一段落しました。

いくつかのゲームの、最新の正規版用の日本語化パッチと、同じバージョンのデモの日本語版をホームページにアップしました。

Posey のシミュレーションゲームの日本語化パッチ:http://homepage2.nifty.com/hanyuu/posey/patch.htm
Posey のシミュレーションゲームの日本語化デモ版:http://homepage2.nifty.com/hanyuu/posey/jdemo.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 6日 (日)

8/6:(69)藤沢市オープンヨットレース

今日は、私の属するクラブの、最も重要なイベントの第16回藤沢市オープンヨットレース(http://fyahp.kt.fc2.com/foyr2003.htm)でした。

今日は天気予報をチェックせずに家を出たのですが、江ノ島付近には濃い霧が立ち込めていました。その霧のため、江ノ島ハーバーは、朝方に出艇禁止になってしまいました。気温が上がれば、そのうちに晴れてきますので、若干のスタート時間の遅れで実施できるのではないかと予想していましたが、10時半を過ぎる頃には霧が薄くなり、出艇注意に変更されましたので、AP旗を降ろし、30分程度の遅れで、実施できました。

霧は暖かな空気が冷やされると発生するものなので、今回の発生のメカニズムはよくわかりませんが、空気が冷たく感じましたので、冷たい空気が流れ込んだためではないかと思います。

レースの方は、50艇余りの参加と、天候の割には少ない参加艇数のように思いました。このレースは、オープンレースで、ヤードスティックナンバーによるレーティングによる修正時間で順位を決めるので、フィニッシュは時刻の記録が必要で負担が大きいのですが、出走艇数の少ない艇種も楽しめるレースになっています。また、藤沢市の体育大会のヨットの部の競技も兼ねていて、総合6位までの順位表彰以外に、藤沢市在住在勤の方だけの6位までの順位表彰もあって、たくさんの人が表彰されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 4日 (金)

8/4:(68)ヨットゲーム

ヨットゲームの日本語化をしています。

ヨットゲームといっても、本格的なもので、ヨットを知らない人には難しく、ヨットシミュレータといっていいでしょう。ヨットの訓練には、とてもためになります。ヨットは実際に練習をしたり、レースをしたりして経験を積むことが非常に重要ですが、いろいろな条件での経験をつむのにはずいぶんと時間がかかります。そこで、このような、シミュレータで訓練するのです。

このメーカ(http://www.poseysail.com/)は経営者が一流のセーラーで、なおかつ流体力学の技術者です。ヨットの理論もしっかりしていて、その理論を詰め込んだ、シミュレータになっています。

付録の解説もなかなかのもので、許可をもらって、日本語にして、私のホームページで公開しています。

Poseyのセーリング入門:http://homepage2.nifty.com/hanyuu/posey/posey_s.htm
Poseyのヨットレースで勝つために:http://homepage2.nifty.com/hanyuu/posey/posey_r.htm

シミュレータにはいくつか種類があって、ヨットの力学、レースの戦術、レース、クルージングなどがあります。
今回はその中の、レースのシミュレータの最新版を日本語化しています。

日本語化したデモプログラムも、許可をもらって、公開しています。
Posey のシミュレーションゲームの日本語化デモ版:http://homepage2.nifty.com/hanyuu/posey/jdemo.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »