« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月23日 (日)

4/23:(43)バッジテスト

今日は、今年度一回目のバッジテスト(http://ksf03.gooside.com/bagihtm.htm)です。

春に二回、秋に一回行いますが、春は国体予選に出場する、初級受験の高校生が中心で、秋は、技量向上の目標として中級を受験される、一般の方が中心です。

今回は高校生中心に16名の受験があり、全員が合格しました。

実技は規定のコースを帆走し、検定員が各ポイントの点数を減点法でつけて、規定の点数以上になる必要があります。初級はそうでもないのですが、中級はこれがなかなか難しく、一般の方は、実技だけを何度か受けていただく事もあります。

また、減点法ですから、天候によっても、技量のあらが出やすい天気と、出にくい天気があります。風が弱くても、規定のコースをスムーズに帆走出来ないし、風が弱くても、帆走が不安定になります。今日は、心配された雨もさほど大降りせず、良い風が吹いて、走りやすいコンディションでした。

いずれにしても、全員が合格したので、実施する方としても、よい日でした。

P.S.
今日は夕方から、SSC(http://hp.vector.co.jp/authors/VA002244/ssc/index.html)の同年代の友人が故郷へ帰るという事で送別会でした。
海から離れた場所だそうで、そちらでヨットを続ける事は難しそうで、また、この時代ですから、メールもホームページもありますので、これらを通じて潮っ気を失わずにいてほしいと願っています。また、時々は遊びに来られるという事で、名残惜しいですが、「さようなら」というよりは「See you again.」という気持ちでお別れしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月22日 (土)

4/22:(42)トレーニングレース

トレーニングレース(http://ksaf.hp.infoseek.co.jp/)今年度2回目です。
今年度から回数を増やし、日曜日ばかりだったのを、土曜日にも行うようにしたのが当ったのか、学生がレースでいなかったせいもありますが、今日は、社会人の参加が多かったです。

最初、240°4~5m/sの風から、200°7~8m/sになり、ちょうど良い風の中、4レース行いました。

今日は空気が澄んでいて、大島も見え、富士山がとてもきれいに見えました

122219159_240 (知り合いの写真のパクリです。)

こんな時には、マークが近く見えるのです。最初のマーク設定の時、他のレースのマークまで、800mくらいあるので、短めのコースであれば取れそうだと思い、マーク設定に入ったのでしたが、それが、600mしかなく、レース海面を若干移動し、マークの設定をやり直す羽目になりました。今日は、運営も最小限の人数でしたので、効率よく行いたかったのでしたが、ちょっと失敗しました。

最後のレースでは、風が少し上がってきて、沈艇がでました。レーザーやFJですから、自力で起こして再帆走できるのですが、レーザーに乗っていたのは、だいぶ歳ですが初心者らしきセーラーでした、私もそうですが、歳をとると、若い時のように、10回でも20回でも沈を起こして再帆走できるというものではありません。体力が消耗して、数回がやっとになります。上手に起こして、体力を消耗しないようにしなければなりません。何度も沈起こしに失敗すると、センターボードに上がれない、センターボードにつかまる事さえ出来なくなります。こうなると、レスキュー艇に引き揚げてもらうしかなくなります。当然、沈した艇は誰かに起こしてもらわなければなりません。レスキューがいないと、艇と一緒に流れていくより仕方がなくなり、体温が奪われ、最悪に事態になる事もあります。沈をしない事、上手に沈起こしをすることが大切です。

そこで、神奈川県セーリング連盟では、毎年安全講習会を行い、沈起こしの資料(http://fyahp.kt.fc2.com/sld001.htm)も作成していますが、今年は、江ノ島で、5月7日に、どなたでも参加できる、沈起こしの実習を中心とした、安全講習会を行います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月16日 (日)

4/16:(41)トレーニングレース

今日は、今年度最初のトレーニングレースです。

が、天気予報どおり、朝から小雨、気温も低い、みんな集まらないので中止かな。。。と思ってハーバーに行くと、10艇程度参加しそうだという事で、実施する事になりました。

天気予報では、風も上がってくるという事でしたので、注意しながら出艇しましたが、4~5m/sで10°~30°の風でした。

いい風でしたので最初はちょっと長めのコース設定をしましたが、風はだんだん東に振れ弱くなってきました。結局、マークを打ち直したりしながら、3レースを行いました。天気が悪い割には、参加艇も多く、一番多い時には、20艇弱の参加でした。

しかし、今日は寒かった。寒い予報でしたので、10℃程度を予想した服装をしていったのですが、実際は5℃をちょっと超えた程度で、おまけに雨が降ってとても寒い一日でした。こんな日は、クルーザで沸かしたお湯で作った、温かな飲み物がとってもうれしかったです。

風もなくなり早めに終わりましたが、その頃から、風は南に変わり、急に暖かくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 9日 (日)

4/9:(40)練習

今日は、今年度初めてのSSC(http://hp.vector.co.jp/authors/VA002244/ssc/)の定期練習でした。

若干冷たい風でしたが、久しぶりに天気の良い海で、春の海を満喫しました。

風は東から徐々に南に振れ、風速は3m/s~7m/s位のちょうど良い風でした。

腕慣らしの練習のつもりでしたが、昨年の全日本チャンピオンが、今年は早くからクルーも艇も決め、燃えていました。
普通は、昼過ぎまでの練習であがるところを、軽く昼食をとった後に、再度出艇し、二艇で、タクティクスの練習をしました。
練習パートナーにちょうど良い、二艇でしたので、クロースでの攻撃と防御、フリーでの攻撃と防御、マーク回航でのテクニックと内容の濃い練習になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 2日 (日)

4/2:(39)ノルウェーレース中止

今日は、今年度最初の、オープンレースの、ノルウェーフレンドシップヨットレースでした。

毎年、まだ早い時期なので参加者が少なく、赤字になりやすいレースで、天候を気にしていたのですが、今年は、天気予報が、雨、おまけに、低気圧が発達しながら通過するという事で、落雷、雹、突風に注意という予報まで出て、最悪の天気が予想されました。

朝起きると、雨はまだのようで、このまま持ってくれると良いと思いながら、江ノ島に着くと、強風波浪注意報が出ていて、ハーバーは出艇禁止となっていました。普通このような予報が出ると、実施しても参加者も集まらず、今日は中止の判断をするまでに、ディンギークラスにエントリーしたのは4チームだけでした。

オープンレースのように、参加者の技量が把握できないレースでは、このような天候で、ディンギーのレースを実施するのは難しく、ディンギークラスは結局中止になりました。

今年度最初のレースで、準備もしていて実施したかったのですが、残念でした。

県セーリング連盟のメンバーが集まったので、ついでに、レース用のマークやフラッグ、コンパス等の備品のチェックと整理をして、レース用に用意した弁当を食べて解散しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »