« 10/1-2 | トップページ | 10/16 »

2005年10月10日 (月)

10/8-10

10月8日-10日は全日本シーホース選手権をプロテスト委員としてお手伝いしました。
事前の天気予報どおり、3日とも、雨、風の中の大会となりましたが、40艇余りが強風下でのエキサイティングなレースを展開しました。

8日は朝から風が強く、葉山からの参加予定艇が、葉山港が出艇禁止で、出艇できないため、延期。
昼頃まで待っていましたが、出艇禁止が解けないため、結局、8日のレースはすべて延期となり、私はお弁当を食べただけで帰ってきました。

9日も、風は強く、出艇注意でしたが、葉山からの参加艇も合流できたため、葉山に近いB海面の沖で行われました。
北風が平均8m/sを超え、ブローでは10m/sを超える強風の中、3レースが行われました。
本部船に使用していたクルーザのエンジントラブルや、水深の深い海面でレース運営で、運営スタッフの臨機応変の対応で何とか切り抜けたと言うのが実感です。
沈艇も続出し、最大、7艇が同時に沈をして、レスキューや運営艇は苦労をしていました。
夜はレセプションでおいしい料理と、最近では珍しい、参加者による楽しい出し物で楽しませていただきました。

10日も強風の中、初日ができなかった分、できれば、3レース行いたいと言う、運営の期待もむなしく、朝の出艇時に、本部船のエンジントラブルで、急遽、本部船を変更したり、運営要員を再配置したり、に若干の時間をとられ、強風下で無理できないと言う状況で、2レースを行いました。
この大会ではプロテストは出ない、と言うことで、プロテスト委員は楽ができると思っていたのですが、1件プロテストが出て、葉山と江ノ島の間をいったりきたりして、審問を行い、閉会式は予定通り行うことができました。

この大会では、R大学OGの二人合わせて、120歳以上のペアが参加して、強風の中、立派に帆走していたことが印象的でした。

|

« 10/1-2 | トップページ | 10/16 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126791/6337795

この記事へのトラックバック一覧です: 10/8-10:

« 10/1-2 | トップページ | 10/16 »