« 7/16-18 | トップページ | 7/30-31 »

2005年8月 1日 (月)

7/23-24

7/23-24は、なんせい第46回鳥羽パールレースのフィニッシュ
海上本部役員として、フィニッシュ本部艇になった、掃海艇つのしまに
乗り込み、交代でフィニッシュを取りました。

鳥羽パールレースは、五ヶ所→利島(反時計)→江の島180海里の
クルーザのレースで、日本の主要なクルーザレースのひとつです。

22日の10時にスタートした各艇は、予定では、早ければ、23日の昼頃から
順次フィニッシュするはずでしたが、利島を越えた付近で、風がなくなり
ファーストホーム艇のフィニッシュが23日の夜の8時頃になりました。

当初の計画が人員時間ともに変更になりましたが、10時までは全員で
フィニッシュを取りました。
我々のチームのワッチは、夜中の2:00-6:00になりましたが、この時間
にフィニッシュした艇は1艇もありませんでした。

最終艇は、24日の13時頃でレースは終了しました。

前回も自衛隊の艇がフィニッシュ本部船になり、お世話になったのですが
今回の艇は、掃海艇「つのしま」510排水トン、乗員37名という
艇です。

前回もそうでしたが、レーダーは大変役に立ちます。
レーダーの性能によって異なりますが、大島をすぎたあたりから、
レーダーで捉えることができます。ロールコールで艇の位置がわかると、
レーダーで追尾できますので、位置、艇の帆走方向、艇速、がわかります。
これでおおよその、フィニッシュ時刻が推定できますので、ワッチといっても
レーダーによるワッチがメインになります。

5マイル程度に近づくと、レーダーの情報から、双眼鏡で探して、視認
することできます。
フィニッシュ直前にはセール番号の確認し、スリットを読んで時刻を
記録するということになります。

最後の、昼食は、メニューを変更して海軍カレーを作ってくれました。
かえって、いつもの週末より、食べ過ぎたくらいです。

ちなみに、レシピは下記ですが、船によって、味が異なるそうで、先日の
船のコック(司厨長)は小麦粉は使わないと言っていました。

カレイライス海軍レシピ
明治四捨一年九月一日
材料
牛肉 ( 鶏肉 ) 、人参、玉葱、馬鈴薯、塩、カレイ粉、麦粉、米
作り方
初メ米ヲ洗ヒ置キ牛肉 ( 鶏肉 ) 玉葱、人参、馬鈴薯ヲ四角二恰モ妻ノ目ノ如ク
細ク切リ別ニ「フライパン」ニ「ヘッド」ヲ布キ麦粉ヲ入レ狐色位ニ煎リ
「力レイ粉」ヲ入レ「スープ」ニテ薄ト口ノ如ク溶シ之レニ前ニ切リ置キシ
肉野菜ヲ少シク煎リテ入レ ( 馬鈴薯ハ人参玉葱ノ殆ンド煮エタルヲ入ル可シ )
弱火ニ掛ケ煮込ミ置キ先ノ米ヲ「スープ」ニテ炊キ之ヲサ皿ニ盛リ前ノ煮込ミシ
モノニ塩ニテ昧ヲ付ケ飯ニ掛ケテ供卓ス此時漬物類即チ「チヤツネ」ヲ付ケテ
出スモノトス

|

« 7/16-18 | トップページ | 7/30-31 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126791/5271539

この記事へのトラックバック一覧です: 7/23-24:

« 7/16-18 | トップページ | 7/30-31 »